あなたのリサイクルショップ利用を手助けする総合情報サイト

リサイクルショップ引き取りの注意点

特殊な不用品

ゲーム機や鉄道模型あるいはモデルガンのようなものになると、引き取ってくれるリサイクルショップが限られてきます。

私たちはネットの時代ですから、そんな時でもネットでそうした不用品を専門に扱っているリサイクルショップを見つけることができます。古物ですから、品物を見ないときちんと査定ができません。宅配で不要品を送ればきちんと査定してくれます。

動物の剥製や標本などは、ワシントン条約で規制されていますから、登録証が必要になる場合があります。専門の業者に持ち込んだほうがうまくゆきますね。

家電製品の場合には、安全性を保障するマークを付けることが義務付けられていますから、このマークがない場合には引き取ってもらえません。

引き取り手が多い家具類

家具やベッドあるいは本箱などは不用品になると粗大ごみ扱いされがちです。こうした家具類は、使う人が多いので少々の傷があっても、普通に使えるようですと、買い取ってもらえることが多いのです。不用品として回収してもらうと手数料を取られてしまいますから、少しくらい安くてもリサイクルショップに引き取ってもらうべきですね。

家電製品やPCあるいはスマホなどは、新しいものがどんどんと出ますから、不要になったらさっさと売ってしまうべきです。さもないと、引き取り値段がどんどんと下がってしまいます。

衣類等もリサイクルショップで扱われています。ただし下着などの直接肌に触れるものは衛生面の問題として引き取ってくれないことが多いですね。